サウンドカード

パソコンを自作する(自分で組み立てる)にあたって、各パーツの事を必要最低限に簡単に解説します。

ここでは、サウンドボードに関して解説致します。

サウンドボードは、パソコンの音に関する処理を全て担当

サウンドボードによって、パソコン上での音楽や映像再生時などの音の質が決まる。

サウンドボードがそれらの処理をしているので当然なわけですが、音にこだわるならばサウンドボードは重要。

大抵のマザーボードには標準でサウンド機能が付いている

ほぼ全てのマザーボードには標準でサウンド機能が付いています。

マザーボードによっては、最初から5.1チャンネル(スピーカー5つ+サブウーファー1つ)に対応しているものや、光出力端子を兼ね備えているもの、6チャンネルに対応する機能が搭載されている製品もある。

サウンドカードは音にこだわるのであれば付けよう

サウンドカードは、上記でも書いてあるようにマザーボードに標準で付いているので、普通に聞く分に関しては、音楽の再生も問題なく可能である。

しかし、音にこだわりがあるのであれば、やはりサウンドカードは付けたほうが音が良い。

勿論、サウンドカードだけが良くても、実際に音を出すスピーカーがしょぼければ、それは活かされないので、スピーカーもこだわったほうが良い。(この関係は、グラフィックボードとディスプレイの関係と似ている)

チャンネル数

サウンドボードにより、5.1チャンネル出力の製品などがある。

これらは、例えば5.1チャンネル対応のサウンドボードに、5.1チャンネルのスピーカーを取り付け(基本的にはスピーカーが5つある)、各スピーカーを所定の位置(フロントやリアなど)に設置すると、5.1チャンネルに対応したDVDやゲームなどをプレイする際に決まった位置から決まった音が出るため、より臨場感あふれる音声で楽しめる、といったもので、DVDやゲームなどをプレイする上で出来れば欲しい機能である。

次は、電源ユニットです。

一番上に戻る

この「自作パソコンパーツ基礎知識」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?