データ転送制限とは?

データ転送制限とは、特定のユーザーのみがサーバーに大きな負担をかける事を抑えるために、サーバー側でデータの送受信の容量を制限する事を指す。

これは、一般的には訪問者がホームページを見る(つまり、サーバー側からデータを取得する)際に最も多く消費される。

例えば、画像を沢山使用したホームページを作成し、そのホームページの容量が1MBだとすると、100人のユーザーが見た場合、100回1MBのデータの送信を行った事になるので、データの送受信容量は100MBになる。

アクセス数が多い、またはアクセス数が少なくても、大容量のファイルを公開する場合など、データの転送制限を越えてしまう場合がある。

データの転送制限をオーバーする場合、場合によってはレンタルサーバー側より退会を余儀なくされる事もあるので、予め取り扱うファイルの容量と訪問者数を予想し、利用を検討しているレンタルサーバーのデータ転送制限を越えないか確認してから購入した方が良い。

しかしながら、個人の一般的なユーザーであれば、極端に大きなファイルを公開したり、爆発的なアクセス数でもない限り、あまりデータ転送制限を越える場合は稀かもしれない。

一番上に戻る

自作パソコンのキモ

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?