SSIとは?

SSIとは、訪問者がホームページを訪れた際に、サーバーよりホームページなどに何か(命令された何か)を実行して表示(送信)するシステム。

SSIは主に、カウンタなどに使われる。

SSIの書き方は、例えば、以下のように記述すると、「index.html」の内容をそのままその部分に埋め込んでくれる。

<!--#include virtual="index.html">

これは、どのページも同じ部分(例えば、メニュー部分や署名部分など)に応用する事により、それぞれのページに同じ記述をわざわざコピーしなくてもすむ。

SSIを使用する場合、サーバーが対応している必要があるほか、パーミッションや拡張子を「.sthml」などに変更する必要がある(レンタルサーバーのマニュアルを参照)

各レンタルサーバーのSSIの対応状況は一覧表にまとめてあります。

一番上に戻る

自作パソコンのキモ

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?