マウス

パソコンを自作する(自分で組み立てる)にあたって、各パーツの事を必要最低限に簡単に解説します。

ここでは、マウスに関して解説致します。

マウスは、パソコンと直接触れる数少ない部分

キーボードと同じで、パソコンを操作する上で直接触れる(言わばユーザーから命令を出すのに使う道具)であり、触れている時間が1、2を争うほど長い大事な部分。

自作する場合、メーカー製のパソコンとは異なり、当然マウスも自分でチョイスする必要がある。

今や光学式が主流

昔は、ボールマウスといってマウスの裏にボールが入っており、それが回ることにより「縦に幾つ」「横に幾つ」動いたか計算し動いた距離、位置を計算していた。

今は、ほとんどが光学式(オプティカル)と呼ばれる、マウスの裏から光を放つタイプのマウスが増えている。

直接床に触れるボール式と違い、ゴミが付かないので、メンテナンスがいらないという事をウリに、光学式マウスは数年前(けっこう前である)に誕生した。

私が考える光学式のメリットは、ボールが無いゆえの「軽さ」だと考える。

ボール式のマウスの場合、正しく動くためにも、ある程度の「ボール自体の重さ」が必要不可欠だった。

そのため、マウスのほかの部分がいくら軽かろうと、ボールで重くなり、更にボールを直接床に直接付けて転がす事により、マウス操作時に自然と「重み」がかかっていた。

それらの点が、光学式になり、取り除く事が出来た。我が家は犬を飼っており、犬の毛がすごくてボール式の場合は、メンテナンスの頻度が通常以上だったので、我が家では、メンテナンスが要らない点も特に良い。

ただし、マウスが「軽く動くほうが良い」なのか「重く動くほうが良い」なのかは、好みが人により分かれる。

もし、光学式しかなくて、重く動く方が良いならば、下記の「マウスパッド」をご覧頂きたい。

意外と重要なマウスパッド

マウスパッド、光学式のマウスの場合「マウスパッドが要らない」という点をウリにしている場合も少なくないので、マウスパッドを使っていない方も多いのではないだろうか。

もし、マウスカーソルが突然思う方向と違う方向に瞬間移動したりする場合は、マウスパッドを使ってみると良いー、というのは基本的な事である。が、私は、マウスパッドの「あまり普通の人が考えない点」を重要視する。

それは、「表面の材質」である。表面の材質により「マウスを動かす時に必要な力」が変わってくる。

一度、とても軽く操作出来るマウス環境に慣れてしまうと、マウスを動かすのが重い環境がとても苦痛に、とても疲れるように感じる。

具体的には、「はじくような」材質がお勧めである。つまり、硬くてツルツルした表面である。(「はじくような」マウスパッドかどうかは、経験が必要になるかもしれない。見極められるようになれば、パッケージの上から触れるだけでもわかるので、一度意識して触ってみてほしい)

「高いマウスパッドほどはじく」という事は無く、むしろ安めのマウスパッドの方がはじきやすかったりする場合もあるので、もし興味があれば、是非試して欲しい。

意外と重要なマウスのソール

マウスのソール、それは、直接床(マウスパッドなど)とマウスが触れる部分である。

上記のマウスパッドと共に、ここの材質、大きさにより、マウスのすべりは大きく変わってくる。

具体的には、大きめでサイズで固めの素材、そして3点~5点でしっかりバランスよく支えるソールが、よくすべる。

クリックの硬さ

これは、そのまま、クリックする時、クリックされたと認識されるのに必要な力である。これが硬いと、クリックする時にそれだけ力が要るので当然疲れやすいといえる。

これを実際にマウス売り場で触ってみて購入するー、ちょっと待って欲しい。実際に意識せずに操作する時にクリックしているのはそのポイントであるか、をよく確認してみて欲しい。

よくあるパターンが、最も先端の部分(手首側とは反対側の通常ケーブルが出ている方向)のみが軽いパターンである。

人により使っていると自然に手首がどんどん下がり、実際にクリックしている場所は、クリック出来るギリギリ手前の位置、という場合がある。

その位置も軽いか、それをよく見て欲しい。

トラッキング性能

これは、マウスをどれだけ早く動かしたとしても、その動きをどれだけ正確に認識出来ているかである。

悪いマウスと、良いマウスは、このトラッキング性能に大きく差が出る。

なぜならば、例えば光学式の場合、光学式はマウスの底面より見える画像を連続でスキャンして動いた距離を検出する。

これが、悪いマウスの場合、1秒間に1000回~2000回しかスキャンしないものが、良いマウスは1秒間に6000回スキャンする、といったように、数値的に見ても明らかに違ってくるのだ。

ただし、操作する内容にもよるだろうし、あまり意識していなければ気にならないかもしれない。

もし今のマウスに不満があれば、考慮してみてはいかがだろう。

チルトホイール

最近、マウスの中央についているスクロールが、横にもスクロールするというマウスがある。通称「チルトホイール」である。

チルトホイールが付いたマウス、エクセルやワードをする上では便利である。

また、インターネットの画面などで、ウィンドウサイズをあまり大きく出来ない、または解像度が小さい、などで横スクロールが発生しやすい場合もおすすめ出来る。

逆に、上記の使用方法にあまりピンとこない人は、あまり要らないといえる。

ボタン数

基本的に、マウスは右クリック、そして左クリック、そして中央のスクロールボタン、の「3つボタンマウス」が基本である。

しかし、中にはサイドにボタンが一つづつ付いているものや、片面に二つボタンが付いているもの、また、中央にボタンが3つ付いてるものなど、ボタンが多く付いているものが増えている。

これらの標準では今まで無かったボタン、一体必要なのだろうかー、その答えとしては「あったらあったで便利だが、今までのマウスが無くても問題が無い事からも無くても良い」といえる。

ただし、その便利さは、慣れればピカイチである。マウスのソフトウェアなどで、元々そういったボタンが多く無いマウスでも、マウスのちょっとした操作に機能を割り振る事で、特殊な操作をさせる事も出来るソフトウェアも存在する、しかし、そういったものを使って操作するのがちょっと面倒に思えるぐらい、便利である。

5ボタン程度であれば、あるならば、あったほうが良い。

ワイヤレス

マウスにも、キーボードと同じようにやはりワイヤレスのマウスが数多く存在する。

マウスの場合、直接動かして操作するので、ワイヤレスの場合考慮して欲しいのは「電池が必要になるために増す重量」である。

ワイヤレスは、当然有線より操作性が少し落ちる。(ゲームでの使用や、高性能な有線マウスを使っていた人以外は、違和感は特に無いと思う。)

ただし、格好良いし、上記の「(ゲームでの使用や、高性能な有線マウスを使っていた人以外は、違和感は特に無いと思う。)」以外であれば、ワイヤレスマウスは十分実用的なレベルになってきていると言える。

一番上に戻る

この「自作パソコンパーツ基礎知識」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?