マザーボード

パソコンを自作する(自分で組み立てる)にあたって、各パーツの事を必要最低限に簡単に解説します。

ここでは、マザーボードに関して解説致します。

マザーボードは、文字通り全ての基本となるボード

ハードディスクやCD/DVDドライブ以外の、パソコンを組み立てる際に必要なパーツのほぼ全てが、このマザーボードという基盤に直接実装、または装着する事になります。

ハードディスクやCD/DVDドライブなども、ケーブルを使いマザーボードに接続されます。

マザーボードは多くのパーツの選択肢を限定させる

マザーボード上に「チップセット」と呼ばれるパーツが取り付けられています。

この「チップセット」は非常に重要な役目をしており、CPU、メモリなど、様々なパーツの仲介を行っている、と言えます。

そのため、このチップセットによって「対応出来るCPU、メモリなどが決まる」のです。

このチップセットはマザーボード上に最初から取り付けられており、後から交換する事は出来ませんので、マザーボードと「セットになっている」ともいえます。

そのため、そのチップセットに対応するCPUやメモリなど、各種性能はマザーボードの説明(仕様)に記されています。

マザーボードは多種多様

上記で書いたように、マザーボードで「対応するCPU」や「対応するメモリ」などが異なってくるだけでなく、マザーボードにより、PCIの数、ギガビットイーサネット、AGPへの対応、SerialATAへの対応、RAIDへの対応、サウンド6チャンネル出力、予備BIOSなどといった、あったら便利、もしくは人により不要であり、人により必須である機能、などが搭載されていたりします。

マザーボードは多くのメーカーから多くの種類が出ていますので、何が出来るか、特に自分が考えている自作パソコンの構成にあったパーツが付けられるか、そのマザーボードの説明(仕様書)をよく読んでから選ぶようにしましょう。

次はCPUです。

一番上に戻る

この「自作パソコンパーツ基礎知識」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?