メモリー

パソコンを自作する(自分で組み立てる)にあたって、各パーツの事を必要最低限に簡単に解説します。

ここでは、メモリーに関して解説致します。更に基礎的な事は「STEP2 各種性能を理解する?」と「メモリとは」をご覧ください。

メモリは、全ての操作に関わる

メモリは、CPUが動く上で、データを使う上で必ず関わってくる。

メモリは、何かソフトウェアを使用する場合でも、必ず関わってくる。

例えば、今ご覧頂いているインターネットの画面のデータは、メモリ上に置かれている。

何かソフトウェアを使う場合でも、当然画面を立ち上げる、そして処理すべきデータが発生する、そしてそれらはメモリ上に置かれる。

このように、メモリは常に関わってくる。

メモリの容量

当然、装着したメモリの容量が上限値。

この上限値を上回る場合、どのように処理されるか。

それは、メモリの何十分の1の速度という非常に遅いパーツである「ハードディスク」に保存される。

このハードディスク上に作られるメモリの役目をする領域が「仮想メモリ」(そのまんま)

「仮想メモリ」にデータを置かなければいけないー・・・こうなると、動作が格段に遅くなる。

メモリが高速なだけに、その速度は体感してはっきり違いが出る。

いくらCPUが高速で処理出来るとしても「おいおい仕事(データ)が来なきゃ仕事にならねぇぜ」状態になる。

なので、メモリはある程度余裕を持った容量にするようにしましょう。

メモリの速さ

ここまで読んで頂けたら、メモリが色々な所に関係しているのはおわかり頂けたと思うので、メモリの速さについても重要な事は言うまでもない。

それだけ重要で、さらに頻繁に使用されるメモリだからこそ、重要である。

メモリをどれにすればいいかわからない

マザーボードを選ぶと、対応しているメモリが決まっているので、後はメモリ一覧のコーナーを見て予算と相談しましょう。

ただし、メモリによっては相性問題にて動作しない場合もあるので、買おうとしているメモリがマザーボードで動作確認を取れているか、メモリのメーカーのホームページや、マザーボードのメーカーのホームページで確認しましょう。

バルクメモリ

箱に入っていない袋入りで売られている安めのメモリ、「バルクメモリ」

動作するかなんて保証も無ければ、壊れた時の修理保証もない。

そんなメモリを買う事は、言わば「賭け」である。

私が所有しているパソコンのメモリの多くはバルクメモリである。

動作しなかったら他のパソコンで流用する、友人に売る、オークションで売る、所詮何千円なので勉強料だと思って諦める、など自己責任で購入を検討してみるのも良いと思う。

ただし、その場合でも最低限の仕様確認(メモリの種類、速度、最大容量をオーバーしないかなど)を確認してからにしましょう。

デュアルチャンネル

デュアルチャンネルとは、二枚の全く同じメモリを、パソコンがうまく使いどころをわけて、今までより、より早い速度で動作させる機能です。

これには、まずマザーボードが「デュアルチャンネル」に対応している必要があります。

そして次に、搭載するメモリを二枚とも全く同じメモリにする必要があります。

より高速で動作出来るので、出来れば視野に入れてマザーボードとチョイスすると良いです。

次はハードディスクです。

一番上に戻る

この「自作パソコンパーツ基礎知識」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?