キーボード

パソコンを自作する(自分で組み立てる)にあたって、各パーツの事を必要最低限に簡単に解説します。

ここでは、キーボードに関して解説致します。

キーボードは、パソコンと直接触れる数少ない部分

キーボードは、通常パソコンを使う上で、直接触れる数少ない部分(言わば、ユーザーから命令を出すのに使うマウスとキーボードというたった2種の道具のうちの一つ)であり、そして触れている時間が1、2を争うほど長い大事な部分。

自作する場合、メーカー製のパソコンとは異なり、当然キーボードも自分でチョイスする必要がある。

キーボードの種類

キーボードには、メンブレン式と、パンタグラフ式がある。

メンブレン式は、一般のデスクトップパソコンに多く搭載している、ボコボコとキーが飛び出ているキーボード。

パンタグラフ式は、ノートパソコンに多く搭載されている、キー全体が平らな印象を受けるあまり飛び出ていないキーボード。

どちらも基本構造は同じで、キーを押すことにより、キーの下に配置されている電極が触れる事により、キーの入力を検出する。

メンブレン式とパンタグラフ式は、どちらが良いかは人により異なる。

キーボードの接続方法

キーボードの接続方法は、一般的には「PS/2」と「USB」があげられる。基本的に、多くのパソコンにこれらのポートは両方とも存在する。

通常使用にあたり、どちらが良い、どちらが悪いという事はないが、BIOS画面の操作はPS/2でなければ出来ない場合が多い(USBは基本的にはWindows上で使用できるものであり、多くのBIOSではUSBをサポートしていないからである。)ので、そのあたりも考慮すると良い。

キーの数

テンキーを省いたものや、特定のキーを省いたものなど、キーの数もキーボードにより異なる。重要なのは、このキーの数が異なる事により、サイズと、それぞれのキーの位置も異なってくる事である。

キータッチ

キーを押した時の感触である。キーを押した時の感触、押すのに必要な力、キーが戻ろうとする反発も含めて、好みがわかれる所なので、実際に押して確かめてみるのがベストといえる。

キー配列

キーボードによっては、エンターキーやCtrl、Altなどが押しにくい位置にあったりするので、注意。

特殊キー

本来のキーボードには存在しないようなキーである「音量」だとか「マイコンピューター」だとか「メール」などのキーを搭載するキーボードも少なくない。

メカニカルキータッチ

キーを押した時に、「カチッ...」という機械的なキータッチがするように設計されているキーボードである。好みがわかれるところなので、これも是非機会があれば店頭で確かめてみるのが良い。

ワイヤレス

キーボードのワイヤレスモデルも増えてきている。

ワイヤレスのメリットとして、コードが無くスマートであり、持ち運びが便利。何より「格好いい」。

ワイヤレスのデメリットとして、電池切れの心配、誤作動の起こりやすさ。

上記のメリットが必要か、デメリットの方が問題ではないかを考え検討すると良い。

(余談:ちなみに恵は、ワイヤレスキーボードである。欲しいキーボードのタイプに、ワイヤレスしか存在しなかったのである。ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスがセットのモデルだったが、最初からマウスは不要で、キーボードもコードレスである必要もなく、むしろ誤作動を考慮して出来れば有線が良かった。しかしながら、ただ単にそのキーボードのタイプが欲しいというだけで、それらの無駄な条件を飲んで(勿論その分値段は高くなっているだろう)買ったモデルである。キーボードの使用頻度がある程度あるのに、こだわっていない方、もしよければ今一度キーボードに目を向けて欲しい。)

次は、マウスです。

一番上に戻る

この「自作パソコンパーツ基礎知識」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?