ケース

パソコンを自作する(自分で組み立てる)にあたって、各パーツの事を必要最低限に簡単に解説します。

ここでは、ケースに関して解説致します。

ケースは、収納場所であり管理場所

ケースは、パソコンのマザーボードをはじめ、ハードディスクやCD/DVDドライブなどの各パーツを収納する場所。

ケースの種類

ケースには大きさが異なる様々な種類が存在する。

最近はさまざまなサイズのマザーボードがあるが、前期核でリアパネルの位置は共通しており、ネジ穴の位置も規格化されているので、実は大きなマザーボード用のケースを買えば、それより小さいマザーボードは全て対応出来る。

キューブ型

最近、と言うか少し前に流行りだしたキューブ型のケースというものがある。その姿はまるで小型のMD/CDプレーヤーのようである。

このタイプのケースは、専用のマザーボードを搭載している場合が多い。

拡張性は低く、予め大体の性能も決まってしまうものの、見た目はコンパクトにおさまり、デザインも良いものが多い。

冷却性

小さいケースは格好いいし、コンパクトに収まる。最近はマザーボードになんでも付いているし、USBなどで接続する外付けの周辺機器も充実しているので、拡張性が低くても問題ない。

と、思うかもしれないが、ちょっと待って欲しい。小さいケースは、それだけパーツが密集しており、空気が入るスペースも少なく、「温度が上がりやすい」のである。

そう、ケースは「冷却性」に重要に関係してくる。

例えば、冷却するのに重要な「ファン」も、CPUクーラーと電源内蔵のファンを除いて、後はケースに付けるのが基本的である。

ケースにより、「ファン」の大きさ、そして取り付けられる数が変わってくる。そして、「どこで熱気が逃げれるのか」も変わってくる。

CPUパッシブダクト

CPUパッシブダクトとは、CPUが取り付けられる位置のあたりに、ケース外部に続く「煙突のような筒」がのびており、CPUの熱を直接外部に逃がそうというものである。

フロントパネルのコネクター

ケースでもう一つ重要なのは、フロントパネルのコネクター。

通常、パソコンの背面は配線のとりまわしでゴチャゴチャしており、出来れば丸出しより隠したい、と思うのは当然。しかし、隠すとなると背面の配線をいじるのが困難、面倒くさい場所に設置しなければいけない事が多い。

そこでケースの「前面」(配線まわりでゴチャゴチャしない場所)にUSBやマイク、ヘッドホンなどのコネクタがあれば当然楽になる。それが「フロントパネルのコネクター」である。

このフロントパネルのコネクター、多くのケースで搭載されており、コネクターの種類や数は、どれも似たようなものである。

だが多くの場合、ケースにより、このフロントパネルのコネクターの「位置」が異なる。この「位置」が自分にとって使いやすい位置か、実際に設置する場所を想像して考えてみると良い。

次は、キーボードです。

一番上に戻る

この「自作パソコンパーツ基礎知識」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?