ソフトウェアとは

別名:ソフト、アプリケーション、アプリ

このコーナーでは少しだけ詳しくソフトウェアについて解説致します。

簡単な説明は、各種性能を一覧で簡単に説明した「STEP2 各種性能を理解する」をご覧ください。

ソフトウェアは、特定の目的のための命令や手順などをコンピューターが理解出来るようにした形式のデータ。

例えば文章を作る際に使うのは、Windows標準機能ならば「メモ帳」、MicrosoftのOfficeであれば「Word」、計算をするのであれば「計算機」、表やグラフを作るのに「Excel」などを使用しますが、それらは「ソフトウェア」である。

ソフトウェアは、特定の目的を実行するために必要だったり、作業をとても簡単にする事が出来る。

ソフトウェアの価格

ソフトウェアの価格は様々であり、1000円のものもあれば、50000円のものもある。

一般の方が使用するソフトウェアとしては「ウィルス対策ソフト」などがあげられ、ウィルス対策ソフトであれば大体4000円~8000円ぐらいだろうか。

他にも「年賀状作成」のための、筆王や筆まめは5000~10000円前後ぐらいだろうか。

最初からそれらのソフトウェアがインストールされていれば費用がかからないが、後から別に用意すると費用がかかるので、最初にどのソフトウェアが付属しているかは重要である。

値段がタダのフリーソフト

インターネット上には、個人の方が作ったり、大手でも広告収入やサービスなどのために「無料」で提供されているソフトウェアも存在する。

「無料」だからといってあなどってはいけない。とても高性能なモノも数多くある。

フリーソフトウェアの種類や数は非常に多くあり、市販されているソフトウェアを買うのはちょっと・・・という方は、目的のフリーソフトを探してみると良い。

目的のソフトやフリーソフトを探すには?

一般的に「Yahoo」など、インターネットを広く検索出来るサイトで検索キーワードを入力して探せば見つけやすい。

例「文章作成 ソフト」というように「ソフト」と付けて、複数単語で検索するとソフトウェア関係が多く見つかりやすい。

例「文章 フリーソフト」というように「フリーソフト」と付けて、複数単語で検索するとフリーソフトウェアが見つけや首位。

また、検索以外で調べる方法としては、各ショップのソフトウェアのページにて、ソフトウェアが使用目的別に分類されているケースもあるので、その中から選んで探す方法もある。

一番上に戻る

この「各種性能「簡単に」教えます!」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?