OSとは

このコーナーでは少しだけ詳しくOS(オペレーティングシステム)について解説致します。

簡単な説明は、各種性能を一覧で簡単に説明した「STEP2 各種性能を理解する」をご覧ください。

OSは全ての基本となるソフトウェアです

パソコンの電源を入れます。そして一番最初に起動するものがBIOS、そしてOSが読み込まれ、OSが起動します。

画面の流れで説明致します。まず電源を入れると「SONY」や「HITACHI」などといったメーカーの名前が出て来ます(または英語ばかりの画面、とりあえず一番、最も最初の画面です)これは「BIOSが起動している」状態なのです。そして次に「Windows XP」というロゴが出て来ます。ここが「OSが起動している」状態なのです。そしてその後にOSが完全に起動してデスクトップの画面が表示されます。

その後、ExcelやWord、一太郎や筆王やインターネットなど様々なソフトウェアを起動する事になりますが「それらはOS上で起動している」のです。

このため、OSは全ての基本となるソフトウェアと言えます。

このOSには複数種類があり、世界で最も利用されているOSは、Microsoft社製「Windows」です。

他にどのようなOSがあるかというと、アップル社製「MacOS」や様々な流派が存在する(わかりやすく説明しています)「Linux」などがあります(ほかにもOSは数多くありますが、ここではある程度有名なOSのみ紹介しています)

当然、OSが違えば、画面や操作も全く異なるものになります。

Windowsに関して、購入する場合は正規版の他に「OEM版」というものが存在します。これは「ハードディスクやCPU、メモリなどを特定のパソコンパーツを購入する時であれば一緒に買えますよ」という条件が付いている安めのOSです(中身は別に特に変わりません)。

価格に関しては、あくまでも「参考価格」になってしまいますが、正規版のWindows XP Home Editionで2万円前後、OEM版で1万5千円前後、正規版のWindows XP Professionalで3万円前後、OEM版で2万5千円前後ぐらいでしょうか?(かなり大雑把な数値です。繰り返しますがあくまでも参考程度にお願いします)

他にもアップグレード版と呼ばれる、過去のWindows(Windows98やWindowsMe、Windows2000など)からそのままバージョンアップするための、よりお求め安いパッケージもあります。

また、Windowsには「サービスパック(SP)」というものが大きく存在し、「OS用の更新をまとめたもの」が存在します。

「サービスパック(SP)」の効果としては、新しい機能の追加や、セキュリティ面の修正などが含まれている場合が一般的です。

ただし、この「サービスパック(SP)」は

Windowsに関する歴史などは、このサイト「Windowsの歴史とWindowsXP」が見やすいかもしれません。

当サイトではWindowsパソコン(Windowsをインストールして使用するパソコン)を対象としています。

一番上に戻る

この「各種性能「簡単に」教えます!」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?