LANとは

別名:イーサネット(正確にはLANの規格)

このコーナーでは少しだけ詳しくLANについてLAN解説致します。

簡単な説明は、各種性能を一覧で簡単に説明した「STEP2 各種性能を理解する」をご覧ください。

LANは、インターネットなどで接続するケーブルの挿し込み口です。

ADSLや光回線など、これらのインターネットを申し込むと、パソコンとの接続をLANで接続するよう機器が設置される、または届きます。

LANの種類・・・100BASE

以前より存在し、最も普及しているのがLANが「100BASE」タイプのLANです。

この「100BASE」とは、通信速度が100Mbps(理論上1秒間に12.5MBのデータを転送)で、ケーブルの長さが100メートルまでならば使用が出来る規格です。

LANの種類・・・1000BASE

比較的新しく誕生した規格で、新しいパソコンには標準で搭載されているパソコンも多いです。

この「1000BASE」とは、通信速度が1000Mbps(理論上1秒間に125MBのデータを転送)で、100BASEと同じくケーブルの長さが100メートルまでならば使用が出来る規格です。

LANの種類・・・ワイヤレスLAN(IEEE802.11a/b/g)

「IEEE802.11a」と「IEEE802.11b」と「IEEE802.11g」では、それぞれワイヤレス(無線)の周波数が異なり、転送速度も異なる

「IEEE802.11a」は5GHz帯を使い、最大転送速度は54Mbps。IEEE802.11bの後に誕生。同じ周波数の製品が少ないため干渉を受けにくいが、他のIEEE802.11bやIEEE802.11gに比べ、電波の届く範囲が狭く、壁など障害物に弱い

「IEEE802.11b」は2.4GHz帯を使い、最大転送速度は11Mbps。1999年誕生。他の電化製品等と周波数が同じなため、干渉を受けやすい。比較的電波の届く範囲は広いが転送速度は11Mbpsと低め

「IEEE802.11g」は2.4GHz帯を使い、最大転送速度は54Mbps。2003年誕生。他の電化製品等と周波数が同じなため、干渉を受けやすい。比較的電波の届く範囲は広く転送速度は54Mbpsと高速

「IEEE802.11b」と「IEEE802.11g」は、同じ周波数帯を使うので、互換性がある

ワイヤレスLANも高速になり、安定性も高くなってきています。しかし、安定性に関してはやはり有線が良い。

ワイヤレスLANを使うには、当然パソコン側もワイヤレスLANに対応している必要があるが、ルーターやモデムなどもワイヤレスLANに対応している必要がある。

一番上に戻る

この「各種性能「簡単に」教えます!」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?