マザーボードに電源ケーブルを接続

実際にパーツが揃いましたら、パソコンの組み立てに入るのですが、ここで解説する組み立て方法は、DDRマザーボード&WindowsXPの場合の作成手順「」です。

(各種パーツの仕様などの違いにより)組み立て方が実際とは異なる場合が十分ありえますので、基本的にはマザーボードのマニュアルなどをよく熟読してください。

そのため、あまり参考にならない事も十二分に考えられますので、ここでは「これで手順が想像出来れば良いな」程度の簡単な説明ですませます。お許しください。

マザーボードに電源ケーブルを接続

電源コネクターを奥までしっかりと差し込みましょう。Pentium4の場合、田の字型の電源をマザーボードに取り付けなければいけない場合もあるので、忘れずに。

マザーボードにケース前面の各種コネクターを接続

マザーボードにより位置や向きが変わるので、マザーボードのマニュアルを見ながら接続してください。(もし動作しない場合、まれにマザーボード上に、直接書かれている配列が正しい場合もあるので、マザーボード自身もよく確認してみると良い)

フロッピーやハードディスク、CD/DVDドライブを接続

ハードディスクやCD/DVDドライブは、ジャンパーの設定を忘れずにしましょう。

一般的なマザーボードには、IDEコネクターが2個用意されており、これら2個を、プライマリーとセカンダリーと区別され、それぞれに2台づつ’(プライマリーに2台、セカンダリーに2台、計4台)ドライブを接続出来る。

それぞれに2台づつ取り付ける際に、取り付ける箇所により「マスター」と「スレーブ」が決まる。

ケーブルの先端についているコネクターがマスター、ケーブルの途中についているコネクターがスレーブ。

この取り付け箇所にあわせて、ジャンパーの設定をマスターかスレーブにする必要がある。

フロッピードライブは、ケーブルの向きとコネクターの位置に注意しながら差しましょう。逆に挿し込んでしまうと、電源投入直後から常にアクセス状態になるので、その場合は要確認。

2個以上のコネクターがあるフラットケーブルを使う場合、基本的に先端のケーブルのねじれに近いコネクターに接続しましょう。

次は、グラボを接続です。

一番上に戻る

この「自作パソコン作成手順」の分類には以下のページがあります。

自作パソコンのキモ

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下は自作パソコン基礎&組み立てメニュー

ここより下はパソコンを納得して選ぶにはメニュー

ここより下はホームページに関するメニュー

ここより下はレンタルサーバーに関するメニュー


スマフォ時代にWiMAXが熱い!キャッシュバック有りの月額3,880円。クレードル(1,490円)も買えば、家では据え置きの一台二役で家ネットもパケット定額も解約出来る!?